山出 勝治「夏の終り」

作品説明

ウリ科のものでもゴーヤは非常に魅力的で糸の様な茎からゴツゴツした実が下り、そして少し時間が経つと直ぐ赤くなる。その赤と緑の対比が時の移り変わりを感じさせてくれて、とても面白いモチーフです。ロー染でチャンチン(キストカ)という道具使用 布は絹 化学染料使用です。

作品番号3501
作品名夏の終り
作家名山出 勝治
額サイズ縦44㎝×横36㎝
作家希望価格なし
額代

寄贈者略歴

1942年 岐阜県美濃加茂市に生まれる
1967年 京都市立美術大学(現芸術大学)西洋画科卒業

1971年 義父・山出守二(染色工芸作家)に師事し染色を始める

    ・日展、日工会展、創工会展、京展、京都府工芸美術展等に出品
    ・個展、グループ展を開催

1993年 創工会展京都工芸賞受賞
1995年 「現代の京都の工芸展」に選抜

1996年 「平成と次世代を担う染色展」に選抜
1998年 京展市長賞受賞

1999年 創工会展京都府知事賞受賞

2000年 京都工芸美術作家協会展奨励賞受賞
   「ロウゾメマスターinジャパン」に出展(ボストン・ワシントンDC・シアトル巡回)

タイトルとURLをコピーしました