小林 博(喜三郎)「虫曼陀羅・生きる」

作品説明

伝統ある漆の世界で全く概念にとらわれない技術と感覚を駆使し、「生きる」という永遠のテーマを、神仏・昆虫・石に自身の心移し替えて表現し続けています。

作品番号84601
作品名虫曼陀羅・生きる
作家名小林 博(喜三郎)
額サイズ
作家希望価格30,000円
額代20,240円

寄贈者略歴

京都に生まれる
日本芸術院会員・山崎賞太郎に師事(研鑽6年)

日展一入選13回・特選・無鑑査、委嘱7回・会友

日本現代工芸展一工芸賞・審査員
京展一受賞3回・委嘱・審査員

京都府工美展・優賞・委嘱・審査員
個展一朝日画廊・マロニエ・アトリエ・コア等多数

秀明文化財団秀明文化賞・滋賀県文化賞
佛画師二代目喜三郎

現在無所属

滋賀県美術協会副理事長(工芸部門長)・滋賀県美術部門委員(県展委員)
漆アトリエ・漆館主宰

タイトルとURLをコピーしました